By admin

長持ちするので経済的!LED照明の上手な使い方を把握しよう!


長寿命で維持コストが低いLED照明

LED照明は電球や蛍光灯など、従来の家庭用照明と比較すると非常に長持ちするのが特徴です。電球は約3千時間、蛍光灯は高品質な物でも約1万時間ほどで切れてしまいますが、LED照明は約4万時間まで使うことができます。一日中点けっ放しにしても4年半は使用できる計算です。日々の暮らしの中で照明を使うのは約5時間ほどと言われているので、実質的な寿命はもっと長くなります。また、明度が高い一方で電力消費量が低いのもLED照明ならではのメリットです。同じ明度の蛍光灯に必要な電力の約3割程度で済むことから、維持コストも低く抑えることができます。LED照明は長持ちするうえに経済的な、家計を助ける理想の照明機器と言えるでしょう。

メリットを活かすには使用環境へのこだわりが重要

寿命が長く維持費も安いLED照明は家計への負担が少ない理想的な家電製品ですが、その一方でLEDならではのデメリットがあることを忘れてはいけません。LEDは元々、長時間使い続けることを前提に開発された工業用の照明です。何十時間も点けっ放しにする環境で使う物なので、一般の家庭では当たり前である頻繁なスイッチの切り替えには適していません。特にトイレや浴室など、使用時間が短い部屋の照明は何度もスイッチが切り替わります。短時間で頻繁にスイッチが切り替わることで性能が低下し、却って寿命が短くなってしまうのです。また、極端に温度が高い環境でも性能が落ちてしまうので、発熱する機械のある部屋の照明には不向きです。

LED照明を長く使い続けるには性能を正しく理解し、適した環境を選ぶことが重要になります。

LEDライトパネルは、LED素子を内蔵したポスター用パネルです。照明により集客効果が期待できるほか、夜間でも展示できるメリットがあります。