By admin

CADと手書き製図の違いとは?とても便利なCAD


手書き製図と比べた時のCADの利点

パソコン上で行う製図として、CADは設計を行う多くの企業で導入されています。そもそも手書きの製図より楽に作図できるのがCADです。手書きの製図ではシャーペンや紙、製図台などの準備が必要ですが、CADなら日頃から使っているパソコンでそのままできるという大きな強みがあります。また、データの受け渡しという面でも非常に優れています。CADなら作られた図面がデータなので、メールに添付してどこにでも簡単に送れます。

しかしこれが手書きの製図だと、郵送するしかないのです。もちろん、FAXで送ったり写真に撮ってそれを送ったりという手段はありますが、それならば初めからデータで作っておけばいいという話にもなります。そもそもFAXでは大きい図面は送れませんし、細い線が多い図面には向いていないでしょう。

線の引き方一つでも大きな違い

CADには様々な利点があります。道具が必要ないのはもちろんのこと、色違いの線もボタン一つで簡単に引けます。製図では線の太さも重要な情報ですが、それも簡単に引けるのです。手書き製図の場合は色違いのペンは用意が必要ですし、線の太さも芯の太さの違うシャーペンを使わなければなりません。慣れていないと中途半端な太さになることもあり、熟練のスキルが必要な作業なのです。こういった面を考えても、誰でもできるようにしたCADが普及した理由が分かります。

ただし、少しだけ作図する仕事があるから導入しようか、と考える企業があるとすれば、そこには少々高い壁があります。それはCADソフトの値段が高いという点で、広く使われていて互換性の高いCADを導入しようとすると、かなりまとまった金額になってしまうのです。

電気CADは、電気工事を専門とする工務店や電気製品を扱うメーカーなどにおいて、サービスの向上や製品開発のために不可欠なものとなっています。